1. TOP
  2. ヘルスケア
  3. 好きだった彼を忘れる~失恋から立ち直る6つの方法
Sponsored Link

好きだった彼を忘れる~失恋から立ち直る6つの方法

好きだった彼との失恋…

立ち直るまでには相当な時間を要するのでは?
と、不安を抱えながら読まれている方も多いのではないでしょうか。

でも、ご安心ください!
今からご紹介する6つのことを順にこなせれば、何もしないよりも早く立ち直ることができます。

いつまでもウジウジしたくないですよね?

今、この記事を読んでいる前向きな気持ちを忘れないうちに、さっそく解説していきましょう。

失恋から立ち直る6つの方法【女性編】

失恋から立ち直る

失恋や好きな人を忘れるために…

* 1人旅をする
* 次の恋をする
* 新しい何かを始める

のように、次のステップへと誘導するサイトを良く見かけます。が…

誰もがそんなことは頭ではわかっているもの…。

記事を読んでいる数分間で前向きになれれば、誰も苦労はしません。

ですから、今は「前に進むことを忘れて」ください!

これからは「今」と、「過去」について…しっかりと向き合う時間にしていきましょう!

失恋から立ち直る方法1:素直になる

恋愛中はなかなか素直になれなかったり…

いろいろなことを我慢したりして、しんどかった時期もあるかもしれませんね。

でも、もう誰もそんなあなたを責めたりしません。

今は、赤ちゃんのように、世界中で一番「素直」な人間になることを心掛けてみましょう!

その気持ちのまま…一度「過去」へとさかのぼります。

そもそも、2人はなぜ別れたのでしょう?

そこには100人いれば100通りのドラマ…人間模様があったと思います。

自分から別れを切り出したのか…

それとも、相手が突然別れを切り出してきたのか…

お互いスッキリ別れられていないかもしれませんね。

でも、それはなぜでしょう?

思い出すたびに、様々な感情が呼び戻されるかもしれませんが…その今の感情を大切にしてください。

赤ちゃんなら…お腹が空けば…泣きます。

オムツを変えて欲しい時も…泣きます。

楽しいと感じた時だけ…笑います。

今はそれで良いのです!

気持ちにフタをしたり、その気持ちを避ければ避けるほど、余計な時間が掛かるので…

その気持ちを全開にOPENにしてみてください。

失恋から立ち直る方法2:美化しない

では、もう一度過去へと戻ってみます。

それは、「彼の良いところ」を思い出すためです!

どんな彼でしたか?

優しいかったり…イケメンだったり…中には細マッチョや、仕事のデキる彼だったかもしれませんね?

逆に、ダメダメなところが可愛かったりしたのかもしれません。

彼のどんなところが好きでしたか?

もう一度、今の自分に教えてあげましょう。

一見、こういうことをすると未練が残るのでは?と思われるかもしれませんが…

実は…逆!

過去を美化すればするほど、未練は増大していきます。

記憶というのは曖昧なもので、時間が経ってしまえば…「刷り替え」という心理作用が働き…

過去は自分に都合の良いように美化されてしまいます。

ですから今は、将来、過去を美化しないためにも…

現実の過去を思い出し、実際に好きだった彼をしっかりと受け止めましょう!

特徴や好きだったところを紙に書くのも有効的な手段です。

失恋から立ち直る方法3:省(かえり)みる

失恋から立ち直る

だんだん過去の恋愛について整理できてきたのではないでしょうか?

それでは次に…

もしもあなたがどうだったら、この恋愛は「失恋」という形で終わらなかったでしょうか?

ここからは妄想の世界です。

もしも「私」が…●●だったら…

あくまでも主人公は「私」。

もしも「彼」が…●●だったら…ではありません!

「私」がどうだったら、今の結果には至らなかったのでしょう?

もちろんそこに答えはありませんが、考えられることをすべてイメージしてみてください。

  • 私がもう少し…優しかったら…
  • 私がもう少し…彼のワガママを聞いていたら…
  • 私がもう少し…素直だったら…
  • 私がもう少し…痩せていたら…

などなど…いろいろと出てくることでしょう。

これが出てくる量が多いほど、立ち直りが早い素質の持ち主!

というのも…

恋愛は時として、同じことを繰り返してしまうものです。

仮に次の恋愛に進めたとしても、結果同じような彼を選んでいる…

昔からずっと男運が悪い…など…

これらは、その時の恋愛でキッチリと「反省」ができていないから。

「反省」と聞くと、あまり響きは良くないかもしれませんが…

反省とは…「省(かえり)みる」の「反対」つまり、前を向いている証拠なのです。

前に進むために、しっかりと過去から学ぶこと!

この整理ができるのと、できないのとではこれから進む道が180度変わりますので…

ここをしっかりとイメージしておいてください。

・゜・。・゜・。・゜・。・゜・。・゜・。

あなたがもう少しどうだったら…結果は変わっていたでしょうか?

失恋から立ち直る方法4:当てはめる

では次に…先ほどイメージした「もう少し●●だったら…」を具現化していきましょう。

仮に、あなたが…

自分がイメージした「理想の自分」だったとしましょう。

彼とは別れずに済んだでしょうか?

今でも彼とは幸せだったと思いますか?

結果は想像にお任せします。

今でも幸せかもしれない…と感じた女性は少なくはないでしょう。

中には、理想の自分なら「彼とは私の方から別れている!」と感じた方もいるかもしれませんね。

だって「理想の自分」ですから…

もっと理想の彼氏を選んだ方が、賢明なのかもしれません!

ここも100人いれば100通りの答えがあるようですので、一概にはまとめられませんが…

大切なことは…

彼が「理想の自分」に見合った人だったかどうか?その差を感じることです!

人は自分と見合った人としか出会いません。

例えば…

年収が300万以下の周りには、同じような収入の人が集まります。

逆に、年収が5000万以上の周りには…それ相応の人が集まってきます。

年収だけではありません。

役職や立場、人間性やキャラクターなど…

自分が成長したり、レベルを上げていくほど新しい仲間が増え…

気が付くとそっちの友人との交流の方が深まっていたりします。

これは別に悪いことではありません。

ドラマなどでよく観る…人が変わったように、昔の友人を見捨てて、違う世界にいる。

とは少し意味が違います。

「類は友を呼ぶ」という言葉が昔からあるように…

「成長したい」と感じている人には、「成長」を喜べる人間が集まってきます。

また、悲しみを少しでも乗り越えられた人には、必ず同じような悲しみを受け止めてくれる人間と出会うようにできています。

ここで、もう一度だけ想像してみてください。

・゜・。・゜・。・゜・。・゜・。・゜・。

彼は…あなたの「理想の自分」に見合った人でしたか?

失恋から立ち直る方法5:妄想してみる

失恋から立ち直る

ここで、前の彼氏が「理想の自分」と懸け離れているのなら…

あなたがやるべきことは明確ではないでしょうか?

もちろん…

「理想の自分」でも、前の彼氏には見合わないくらい雲の上の人だった…。

という女性もいるかもしれませんね!

だったら追い付きましょう!

この場合も、やるべきことは明確です。

ここまで順番に、順調に整理できていれば、もう「立ち直り」のゴールまではもう少し!

ただ、皆が皆…そこまで冷静に、うまく整理できていないかもしれません。

そこでもう一段階…

あなたの理想の彼を「妄想上」で作ってみてください。

その新しい彼は、どんな彼氏ですか?

イケメンで…優しくて…仕事もデキて…私を大切にしてくれる…。

私と同じ趣味を持っていて…休みの日は一緒に毎週お出かけしてくれる…。

などなど…

妄想したら止まらないかもしれませんね!

では、そんな彼氏をこっちも大切に…今度は自分から離れていかないようにするには…

・゜・。・゜・。・゜・。・゜・。・゜・。

どんな自分でなければなりませんか?

この立ち位置になれれば、「立ち直り」まではもうスグです!

失恋から立ち直る方法6:振り返る

それでは、最終段階に入りましょう…。

と言っても、「次の恋をしましょう!」とはなりませんので、どうぞご安心を!

最後の最後は…

「過去を振り返る」という作業を、もう一度繰り返してみましょう。

  • 2人でどこに行きましたか?
  • 2人で撮った写真はどんな顔をしていますか?
  • どんなものをプレゼントしてもらいましたか?
  • 2人の思い出の品や小物はどんなものがありましたか?

などなど…

「良い思い出」を中心に思い出してみましょう。

できれば、その思い出の品や写真…プレゼントされたものを並べてみると良いかもしれません。

1つ1つに思い出が詰まっていますからね。

過去の思い出や、彼との時間は決して消えることはありません。

最後、別れ方が少し気まずかったり…

突然すぎて整理が付かなかったり…

少しタイミングやお互いの気持ちがズレただけで、こんなにも「良い思い出」が、「悲しい思い出」になってしまいました。

もったいない!

しかし、時は戻せません。

この思い出の写真や品々をどうするか?

それはあなた次第です。

あなたはこのまま放っておいても、きっと今よりももっとキレイに…もっと成長していくことでしょう。

なぜなら、「これからどうあるべきか?」を、本当は知っているから…。

その上で…

前の彼との思い出の品として必要であれば、そのまま置いておくのも1つ…。

これから成長していく上で必要がないと思えば、思い切って捨ててみてください。

どちらの道を選んでも、あなたが成長していくことに変わりはありません。

ただ、いちいち思い出に浸る時間が減るか…増えるか…。

それだけのことです。

あなたの道は切り開かれました。

最後に…

失恋から立ち直る

この記事を参考にして、少しでも過去を受け入れ、新しい自分を見つけることができれば御の字です。

が、なかなかそうはいかない方がほとんどでしょう。

しかし、今はそれで構いません。

それが例え心の気休めでも、少しでも気が楽になっていただければ、この記事を書いた甲斐があるというもの!

但し、1つだけ気を付けてください。

過去は美化してはいけません!

過去の恋愛からは、「反省」(前を見ること)だけするようにしてくださいね。

まとめ

これからも昔の彼を思い出すのは自由です。

過去をダラダラ引きずるのも自由です。

本当は「どうあるべきか?」の答えを、あなたは知っているのですから!

しかし、「時」は戻せません。

この場合の「時」とは…

過去を引きずっている「時間」のことです。

一度きりのせっかく与えられた時間(人生80歳として700800時間)…。

今、昔の恋愛に思いっきり浸って…

これからの時間は、例え1時間でも有意義に使ってみませんか?

この記事が、少しでも失恋から立ち直るお手伝いができたなら…幸いです。

こんな記事も読まれています

  • もう悩みたくない!ズキズキ痛む「生理痛」を和らげる4つの方法

  • 意外と知られていない?生理痛になる人とならない人の差

  • サウナで痩せられるって本当?健康的な正しいサウナの入り方