1. TOP
  2. エイジングケア
  3. 「顔のたるみ」その5つの原因と効果的な改善方法とは?

「顔のたるみ」その5つの原因と効果的な改善方法とは?

年齢と共に、顔のたるみは進行するばかり…

また、顔のたるみは、実年齢よりも10も20も老ける印象を与えてしまいます。

せっかくメイクやヘアスタイルを決めていっても、肝心の表情が垂れ下がっていては、元も子もありません。

今回はその「顔のたるみ」となる5つの原因の解説と、たるみを取る対策についてご紹介していきます。

エイジング対策は、顔のたるみ解消から始めましょう!

「顔のたるみ」5つの原因

顔のたるみ

顔が年々たるんでくるのには、様々な原因が潜んでいます。

それぞれの原因と対策をご紹介いたしますので、あなたの一番の原因を突き止めてみましょう。

その原因が次の5つ…

  1. 顔の筋肉の衰え
  2. 肌の乾燥
  3. 肌のツヤ感
  4. 姿勢
  5. 紫外線

これら5つをしっかり克服していけば、たるみはかなり改善されていきますので…

今日から明日から、早速実践してみましょう。

1.「活性酸素」による筋肉の衰え

人は酸化すると老けていく…という言葉を聞いたことがありませんか?

人は呼吸で酸素を取り入れ、様々な器官に運ばれていきますが…

その工程で、老化の原因ともなる「活性酸素」を作り出してしまいます。

またこの活性酸素は、ストレスや紫外線、食生活、タバコなどの影響でも過剰に発生してしまう、非常に厄介なもの。

本来、「活性酸素」は、その強い攻撃力で体内に侵入したウイルスや細菌を攻撃し、体を守る働きもありますが…

年齢やストレスなどで、増えすぎてしまうと体を酸化させ、その酸化ストレスによって、筋肉が衰えるため、老化につながってしまうのです。

「活性酸素」が増えると肌の老化につながる…というのはこういうメカニズム。

  対策:活性酸素を除去し、筋肉を鍛える

まず、先ほど紹介した「活性酸素」を除去する方法ですが…

「亜鉛・セレン」などのミネラル分…また「ポリフェノール・ビタミンC・E・A」など…

は、活性酸素を除去させるのに効果的とされている栄養分です。

特に、抗酸化力のある…

緑黄色野菜・きのこ類・海藻類・豆類・魚類などは積極的に食べるようにしましょう!

補食としてサプリメントなどでも意識して摂取するようにしてください。

また、筋肉の衰えには…やっぱり「筋トレ」が効果的!

一般に顔の筋肉は、口輪筋・大頬骨筋・小頬骨筋・笑筋の4つから成り立っており、それぞれが衰えていくことで「たるみ」につながっていきます。

それらの筋肉を鍛えるには…

<顔の筋肉のトレーニング方法>

まずは、舌を上手に使って筋肉を鍛えましょう。

1.上あごの歯の付け根を5秒間押し上げる…緩める…を3回ほど繰り返す

2.口の中でホウレイ線のあたりの頬を内側から突くように、下から上に舌で伸ばす

※ 回数:左右両方2~3回繰り返す

繰り返すと顎の筋肉が程よく疲れる感じがわかると思います。

それが普段あまり使われていない顔の筋肉ですので、周りに人がいないのを確認して鏡の前でこっそりトレーニングしてみてください。

 「ポジティブシンキング」もたるみ解消のポイント

顔のたるみ

顔の筋肉は非常に複雑な構造になっており…

大きく分けて「表情筋」と「深層筋」と呼ばれる2種類の筋肉があります。

「表情筋」は、顔の皮脂直下にある筋肉で、あなたの表情をつかさどり…

また、「深層筋」は頭蓋骨に接している深い部分にある筋肉で、先ほどの「表情筋」を支える役割を担っています。

この「深層筋」はポンプのような働きをするので、あまり深層筋が活発でないと、表情筋に栄養や血液・水分などを送ることができません。

もう少し深く解説しましょう。

「表情筋」は意図的に動かすことのできる筋肉です。

腕や足なども、意図して動かせますよね?その筋肉と同じ種類のもの。

対して、「深層筋」は内臓器官などのように、意図して動かすことはできません。

機嫌が悪くなるとブスッとした表情をしてしまうこともあります…。

あまりの緊張に、顔が引きつる…こわばる…ということもあるかもしれません。

これらはすべて「深層筋」が意図せずに働いてしまっている証拠。

しかしこれらの動きは「深層筋」が緊張状態…つまり、ストレスとなるために、疲労していしまいます。

「深層筋」をより活性化させるためにも…

自然と笑顔(口角が上がる)になるような「ポジティブシンキング」も重要なたるみ解消のコツとなるのです!

2.肌の乾燥による弱体化

肌は「皮脂膜」「天然保湿因子(NMF)」「細胞間脂質」の3つから成り立っており…

この「皮脂膜」がはがれると、水分が奪われ、そこから乾燥につながります。

肌本来が持つ保湿の役割は「天然保湿因子(NMF)」「細胞間脂質」の2つの少し深めにある層でほとんどまかなわれていますが…

その2つの層ですらも保湿できなくなってくると、ハリが失われるだけでなく…

皮脂がポロポロと崩れてきたり、かゆみや炎症へと発展してしまう可能性があります。

「乾燥」の主な原因としては…

間違ったスキンケアや、食生活、生活習慣などが考えられますので、乾燥肌の方は見直しが必要です。

  対策:じんわりと保湿させることがポイント

特に「間違ったスキンケア」をされている方が意外と多いようですので…

改めて「正しい化粧水のつけ方のコツ」だけ紹介しておきましょう。

【正しい化粧水のつけ方のコツ】

● 洗顔後、肌が乾かないうちにスグ!

● 少量ずつに分けて何度も化粧水をつけること。

※ TVCMなどの見よう見まねで、パンパンと叩いたりしてはいけません!

● 優しく手のひらで包み込むように、手の温度で肌を温めるように…ハンドプレスしながら!

※ じんわり付けていくことで、化粧水の温度も上昇し、より浸透力が上がります。

たったのこれだけ!

コットンで拭き取るように付けている方や、そもそも成分が肌に合っていない…

また、化粧水をつけるタイミングがバラバラ…

なども、間違ったスキンケアとなりますので、最後に紹介する【美容部員もおすすめ!化粧水の正しい使い方で美肌を手に入れるコツ】を参考にしてください。

3.肌環境(保護・血流)の悪さ

顔のたるみ

先ほど紹介した水分だけでなく、肌を守るには…

● 油分・皮脂膜による保護

● 血流・ターンオーバーによる代謝

が必要になってきます。

これらは、肌を外側から守るだけでなく、肌内部の活性化にもつながるため…

たるみ解消としては避けられない項目です。

  対策1:ツヤ肌には「青魚の油」

タンパク質は人間が生きていく上で、また女性にとって大切な…キレイな髪や爪、肌などを作っていく上で最も重要な栄養素です。

タンパク質は、体内でアミノ酸に分解されるのですが…

生存保護優先のため、まず体内に必要な分から奪われていき、最後に肌や髪への栄養素として使われます。

つまり、タンパク質が不足していると肌や髪に栄養が回らないのです。

脂=牛や豚…

のようなイメージがありますが、動物性の油は人間の体温では固まってしまい、ただ体内で蓄積されるだけ。

対して「青魚」の油は動物性よりもサラサラで、体内への吸収・循環しやすいために、すぐに保護膜としての役割に変わってくれます。

また、普段に少しの青魚の油を足してあげることで 動物の固まってしまった油もサラサラに変えてくれるため…

日頃の食生活に、青魚を摂り入れることも心掛けてみましょう!

  対策2:ツヤ肌には「洗顔+マッサージ」

また、青魚の油も大切ですが…洗顔も忘れてはならない重要なポイントです。

ここで本来の洗顔法を少しおさらいしておくと…

● 洗顔料を直接付けたりせずに、しっかりと泡立てること

● そして擦らずに泡で洗うイメージ

● すすぎは念入りに!いつもより5回以上多くすすぐこと

● 清潔なタオルで優しく、押すように拭き上げること

洗顔は、朝と夜(起きてすぐと寝る前)がベスト!

寝ている間は汗をかきやすく、枕などの汚れもが皮脂に詰まったりもするので…

毎朝晩…しっかりと洗顔するようにしましょう!

また、肌の血流を良くするために、「首元のリンパマッサージ」も効果的!

お風呂の後や、朝起きた時など…

少しほぐしてあげるだけで顔周りの血行も良くなり、肌の代謝を良くすることで小顔効果にもつながります。

  エステシャンが自分でしているおすすめマッサージ方法は…

リンパマッサージ

1.まず顔のマッサージ用クリームを顎から首まで塗る

2.手のひらを内側にして両手を軽く握り、グーの手にしながら鎖骨の内側を少しほぐす

3.首を外側から順に、フェイスラインから鎖骨まで2、3度…グーの手でなで撫でるように下ろす

4.顎のラインを、痛いところをほぐすように顎から耳の方向へ第二関節の骨でグリグリと指圧するように2、3回さする

5.耳の後ろにグーの手を持っていき、息を吸うと出てくる筋に沿って、また鎖骨までなで下ろす

 

これを数回繰り返すだけで すっきりたるみが取れてハリが出てきます。

プロのエステシャンやモデルさんも実践しているリンパマッサージですので、是非一度お試しください。

4.姿勢の悪さ・猫背からくるたるみ

意外かもしれませんが、顔のたるみは「姿勢」とも深く関係しています。

先ほどのリンパマッサージも同じ原理ですが…

顔の筋肉は、頭や首とつながっています。

顔を突き出すような悪い姿勢(猫背など)は、首の前部分が伸びるため、頬の筋肉が下に引っ張られてしまいます。

最近では、20代でたるみやほうれい線に悩む人が増えていると言いますが…

原因の1つが、長時間のデスクワークやスマホによる猫背。

姿勢の悪さは、内臓機能の低下や代謝力を下げるなど、様々な悪い症状として表れます。

  対策:体幹トレーニングで猫背を解消

姿勢は、日頃の意識を変えることで、少しずつでも改善していきます。

また、体幹トレーニングなどをして、インナーマッスルから鍛えるように心掛けましょう。

詳しくは、最後にご紹介する【体幹トレーニングでダイエット!痩せ体質に変わる9つの方法】を参考にしてください。

体幹トレーニングを鍛えることは、単に姿勢だけでなく…

痩せ体質に改善する効果もありますので、是非日課にしたいものですね!

5.紫外線の浴びすぎにも要注意!

紫外線

紫外線は肌に良くない!

これくらいの情報は、もうすでにご存じだと思います。

では、なぜ?と聞かれれば、明確に答えられるでしょうか?

紫外線…中でも「UVA」という種類の光は、肌の真皮層にまで届き…

肌を作り上げる成分(コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸など)を作り出す細胞を攻撃します。

また、これらが破壊されることで、生成量が減るだけでなく…

「悪い酵素」そのときに発生してしまい、その酵素が肌内部に蓄積されるのです。

この蓄積が溜まると、シミ・たるみの原因となるのです。

  対策:紫外線対策はもちろん!生活習慣にも見直しを…

紫外線を対策するには、UVカットファンデーションや、日焼け止め…

また、帽子や日傘、サングラスなどの対策が効果的ですよね?

しかし、紫外線は100%防げるものではありませんし、季節に関係なく常に降り注いでいます。

そこで内側からのケアも大切!

それが、先ほど紹介した「肌を作り上げる成分(コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸など)を作り出す細胞」を活性化させる栄養の補給です。

原因1でも紹介した、「活性酸素」を抑える働きのある…

ポリフェノール・ビタミンC・E・A

また、女性ホルモンに近い成分の「大豆イソフラボン」などは、非常に効果的です!

青魚の油も良いと紹介した通り…

普段から、バランスの良い食生活をすることが、肌にはやっぱり良いみたいですね。

他にも考えられる原因は?

睡眠不足

代表的な5つの原因を紹介してきましたが、その他にも…

● 睡眠不足

● 口呼吸

なども、たるみの原因として考えられます。

お肌は夜に作られる…

寝る子は育つ…

などの言葉の通り、寝ている間に、人間の細胞は作られるのです。

そのためにも、時間…というよりはじっくりとした「質の良い睡眠」を取ること!

口呼吸の怖さ…

また、普段から「口呼吸」をしている方は ぜひ「鼻呼吸」に切り替えてみてください。

口呼吸ばかりしているすると…

☑ 体内の水分を無駄に放出させてしまい、乾燥肌につながります。

☑ 唾液が減ることで口内環境が不衛生になり、細菌の活動などが抑制しきれず、口臭・歯肉の炎症の原因やむし歯のリスクにもなります。

☑ 口呼吸は姿勢が悪くなり、背中の筋肉を低下させます。その姿勢の悪さが…

あとは、先ほど紹介した通りです。

と、意外に欠点ばかり!

鼻呼吸に切り替えることで、肺の深い部分にまで酸素が行き渡るため…

代謝力も上がり、基礎体温の上昇や、免疫力アップにもつながり、良いことづくし!

しかし、日頃から意識をしない限り、日本人は口呼吸になりやすい体質…。

気が付いたら「鼻呼吸」を意識するようにしましょう!

まとめ

これらの対策は「顔のたるみ」の改善策でもあり、予防方法でもあります。

今から5年後…10年後…に、今以上にならないためにも…

今のうちから改善し、今のうちから将来の自分のためにも予防しておきましょう。

しかしこれらには、あくまでも「継続」が必要です。

1回・2回でキレイになることは決してありません。

敵は「老い」と「重力」ですから、なかなかの強敵!

しかし、これらは日頃の意識一つで、変えることができます。

あなたも今日から、今から…

この記事を通して一つでも意識を変え、一日も早く美肌美人になっていただければ幸いです。

美容部員もおすすめ!化粧水の正しい使い方で美肌を手に入れるコツ

この記事のタイトルとURLをコピーする

こんな記事も読まれています

  • ビタミンCの600倍?美容に効くフラバンジェノール®の効果とは?

  • シミを消したい!シミを内側からケアする4つの対策と効果的な成分

  • プラセンタとは?プラセンタの正しい選び方とおすすめの摂取方法

  • 【毛穴レス】第一印象も変わる!毛穴レスな肌になる方法とは?

  • シワに効くボトックス注射の意外な効果と期間・料金について【まとめ】

  • 肌が若返ると話題のヒートショックプロテイン【ストレピア】の効果って?